デンポー!!ルールご紹介

新作の入稿、ポスター含めて完了しました!
あとは届くのをまって、ひたすら梱包をするだけです…ゴクリ。
↓が当日掲示するポスターになります!

posta

 

game design : すみす(サポートyan3)

design : すみす

 

さて、前回に引き続き、ルールのご紹介をさせてください。

デンポー!は前回もあったように、「親に子がお題を伝える」ゲームです。
出題者がお題を決めて、みんなでそれを伝えられるような言葉を考えます。

ただし、お題に含まれる単語は使うことが出来ません。

moji

 

 

そして回答時に使えるのは、カタカナの文字のみとなっています。
文字数にシビアなゲームですので、単語と単語を区切るための空白も一文字としてカウントします。

スクリーンショット 2016-04-22 18.47.20

たとえばお題が「白雪姫」なら、
「カガミヨカガミ(7字)」
「コビト ナナ(6字)」
「ドクリンゴ(5字)」
などが考えられますね。

 

 

少ない文字数に絞り込む!

全員が解答用紙にカタカナで記載できたら、文字数の少ない人から親に見せる権利を得ます。
そして、正解が出たらそこで終了です。

的確に伝えようと長々と書いてしまうと、回答する権利すら回ってきません!

 

さらに、得点も文字数が少ないほうが有利なようになっています。

tokuten

文字数が少なく、早い手番で伝達できるほど、得られる点も多くなります。
いかに要点を外さずに文字数を削れるか
が、ゲームのキモになります。

 

文字数が少なすぎると…

ただし、むやみに文字数を削りすぎて親に伝わらなかった場合は、次の手番の人が有利になってしまいます。

親は、1番手の人の回答を踏まえて2番手の人の回答を見ます。

「カガミ」では伝わらず、次の人が「カリウド」と回答していたとすると、「鏡」と「狩人」の連想で「白雪姫」にたどり着けてしまうかもしれません。

カリウドの4文字だけでは伝わらなかったかもしれませんが、1番手の人のパスにより、その人は4文字2番手の7点を獲得してしまいます。

あまりに無茶な回答は危険です。ただし、1番手で成功した場合はかなりの高得点になりますので、ぜひ、他の人より短いのに伝わる言葉を考えてみてください!

 

1文字が勝敗を左右する!

1文字を削るか、削らないか、その判断で点数が左右されます。
ルールは単純なので、ボードゲームになれない方でもすぐ楽しめるのではないかと思います!
ぜひ当日、お手にとってみてください♪

Continue Reading

新作のご案内

ゲームマーケット春も迫ってまいりました!
SpielEmbryoの新作をご紹介させてください。

 

ゲーム内容はズバリ、「少ない文字数で伝えるコミュニケーションゲーム」です!
その名もデンポー!!

denpo1

電報は、昔は文字数に応じて料金が決まったため、簡潔に伝えることが必要でした。
昔の人はきっと、なんとかして文字数を削ったことでしょう……

 

このゲーム「デンポー!!」は、お題を親に伝えるゲームなのですが、
伝達につかう文字数が少ないほど有利に進められるようになっています。

 

文字数を削って削って、でも要点ははずさない、そんな人が勝者になれるゲームです!

シンプルなルールですが、意外と駆け引きもあったり…
追って情報をあげさせて頂きます♪

ブース番号などはイベント参加(information)をご確認下さい!

Continue Reading

リニューアルしました!

今までyan3が運営してきたSpielEmbryoですが、
メンバーが1人増えましたので、
これを機会にロゴとHPをリニューアルしました。

ゲームマーケット2016春にも参加予定です。
新作情報もこれから順次更新させて頂きます!

これからもSpielEmbryoをよろしくおねがいします!

スクリーンショット 2016-03-21 10.57.27

Continue Reading