ゲームマーケット2016春

本日ゲームマーケットでした!
スペースに遊びに来てくださった皆様、ありがとうございました!

 

IMG_6898

↑こんな感じのスペースでした。チラ見えしているyan3。

 

新作「デンポー!!」は、おかげ様で
14時前には100個完売となりました。
手にとって頂いた方、試遊して頂いた方、本当にありがとうございました!

多く作ったつもりだったのですが、
完売後にお越し頂いた方は、本当に申し訳ありません。

在庫分全て完売してしまいましたので、現在今後の販売予定はありません。
再販などの展開につきましては、落ち着いてから検討したいと思っています。

 

漢コレ!も本日持参分は全て完売となりました。ありがとうございます。
こちらと面接開始5分前!に関しましては、まだ店頭やネットに在庫がございますので、
興味を持って頂いた方はご検討いただければ嬉しいです。

 

最後にもう一度。本日ご縁を頂きました皆様、本当にありがとうございました。
ゲームを楽しんで頂ければ、これ以上の喜びはありません。
またお会いできますように!

Continue Reading

デンポー!!コンポーネント

印刷物が続々届いています!
ということで、今回はコンポーネントを一部ご紹介します。

 

お題を書いて消せるホワイトボードシート

1

 

お題シートは、ホワイトボードペンで書いて消せるように加工してあります!
出題者は親に見えないようにここにお題を書いて、みんなに共有してください。

 

また、共有が終わったらお題を裏向きに伏せておくのですが…
2

裏面はゲーム中に気になる、回答ルールと得点のサマリーとなっています!
いちいち説明書を確認しなくてもよいので大変便利です♪

 

解答用紙

今回のメインとなる解答用紙ですが、18文字まで書けるようになっています。
親に渡すときは、

3

 

ミシン目でちぎって渡せるようになっています♪
1セットにこのシートが100枚入ってます。
裏側には得点をメモするスペースもご用意しています!

 

収納ポーチ

コンポーネントを収めるケースは、今回天チャックポーチを採用しています!

4

口をジッパーで閉じられるので、中身の紛失の心配がありません♪

このままではすこし地味ですが…

 

6

先ほどのお題シートの白い部分がロゴと合うように収納すると、
パッケージが完成するようになってます!

 

7

じゃーん!

 

この他にも、簡易えんぴつ人数分や、ホワイトボードを消すスポンジなど、

このセットさえあれば、どこでも遊べるようになっています♪
当日はぜひ、I-12に足をお運び下さい。試遊スペースもご用意しています!

 

Continue Reading

デンポー!!ルールご紹介

新作の入稿、ポスター含めて完了しました!
あとは届くのをまって、ひたすら梱包をするだけです…ゴクリ。
↓が当日掲示するポスターになります!

posta

 

game design : すみす(サポートyan3)

design : すみす

 

さて、前回に引き続き、ルールのご紹介をさせてください。

デンポー!は前回もあったように、「親に子がお題を伝える」ゲームです。
出題者がお題を決めて、みんなでそれを伝えられるような言葉を考えます。

ただし、お題に含まれる単語は使うことが出来ません。

moji

 

 

そして回答時に使えるのは、カタカナの文字のみとなっています。
文字数にシビアなゲームですので、単語と単語を区切るための空白も一文字としてカウントします。

スクリーンショット 2016-04-22 18.47.20

たとえばお題が「白雪姫」なら、
「カガミヨカガミ(7字)」
「コビト ナナ(6字)」
「ドクリンゴ(5字)」
などが考えられますね。

 

 

少ない文字数に絞り込む!

全員が解答用紙にカタカナで記載できたら、文字数の少ない人から親に見せる権利を得ます。
そして、正解が出たらそこで終了です。

的確に伝えようと長々と書いてしまうと、回答する権利すら回ってきません!

 

さらに、得点も文字数が少ないほうが有利なようになっています。

tokuten

文字数が少なく、早い手番で伝達できるほど、得られる点も多くなります。
いかに要点を外さずに文字数を削れるか
が、ゲームのキモになります。

 

文字数が少なすぎると…

ただし、むやみに文字数を削りすぎて親に伝わらなかった場合は、次の手番の人が有利になってしまいます。

親は、1番手の人の回答を踏まえて2番手の人の回答を見ます。

「カガミ」では伝わらず、次の人が「カリウド」と回答していたとすると、「鏡」と「狩人」の連想で「白雪姫」にたどり着けてしまうかもしれません。

カリウドの4文字だけでは伝わらなかったかもしれませんが、1番手の人のパスにより、その人は4文字2番手の7点を獲得してしまいます。

あまりに無茶な回答は危険です。ただし、1番手で成功した場合はかなりの高得点になりますので、ぜひ、他の人より短いのに伝わる言葉を考えてみてください!

 

1文字が勝敗を左右する!

1文字を削るか、削らないか、その判断で点数が左右されます。
ルールは単純なので、ボードゲームになれない方でもすぐ楽しめるのではないかと思います!
ぜひ当日、お手にとってみてください♪

Continue Reading